30,000マイルでアメリカ往復航空券と交換可能!デルタマイルを解説

こんにちは。

今後アメリカに旅行を考えている方は、絶対にデルタ航空のスカイマイルを貯めるべきです。

アメリカ往復にどれくらいマイルが必要なのか。なんとデルタ航空のマイルだと、時期によっては往復で30,000マイルでロサンゼルスに行くことができます。

今回は超お得なデルタ航空のマイルに関して解説します。

30,000マイルでアメリカ往復航空券と交換可能って本当なの?

デルタスカイマイル航空券交換

本当です。実際に見てみましょう。

下記はデルタ航空のホームページからもってきた画像です。  デルタ航空マイル航空券

赤枠のところをみてください。2020年2月27日発〜2020年3月5日復路の航空券がなんと30,000マイルです

これだけだと、「え?どうせ片道だけでしょ?」と思うかもしれません。

どーん!

デルタ航空マイル航空券

最後の確認ページです。成田からロサンゼルスの往復が30,000マイル+6,760円であることがわかりますね。

これ、正直言ってめちゃくちゃお得です。

他の航空会社と比較してどうか

デルタスカイマイル航空券他社比較

他の航空会社と比べると、例えばJALだとLowシーズンの最低必要マイルが25,000マイルです。なので合計50,000マイルですね。差分は20,000マイルです。

20,000マイルって、クレジットカードで100円で1マイルもらえた場合、約200万円多く使わなきゃいけないってことです。

さらにもう1つ重要なのが、マイルの有効期限です。

JALやANAのマイルの有効期限はどちらも3年間。例えば、3人家族でアメリカ旅行行こうとした場合、JALだと15万マイル必要となり、単純に計算すると3年間で1,500万円使わなければなりません。これって結構しんどいですよね。

でもデルタ航空のマイルは、なんと有効期限がないんです。つまり、マイルさえ貯まれば、旅行に行くのは5年後だろうと10年後だろうと構わないんです。

こういった面から、デルタ航空のマイルはかなりお得です。

デルタ航空のクレジットカード(アメックス)紹介

クレジットカード

デルタ航空のスカイマイルを貯めることができるカードを紹介します。

下記のどちらのカードを選んでも、入会ボーナスマイルがもらえてかなりお得です。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメックスのゴールドカードです。年会費は2万6000円と少しお高めですが、以下のような特典がついています。

・入会ボーナス8,000マイル

・家族カード1枚目年会費無料

・ご入会から1年間、デルタ航空スカイマイル上級会員資格「ゴールドメダリオン」を無条件でご提供

・最大25,000マイルのファーストフライトボーナスやご入会ボーナスマイルをプレゼント

ゴールドメダリオン会員だと、デルタ航空のラウンジが使えたり、優先搭乗が行えたりとかなりお得です。また、デルタ航空の購入券購入時のマイルは、1$につき8マイルで換算されます。かなりお得です。

また、デルタをこれから利用する予定がある場合、今のうち入会しておくと最大25,000マイルのフライトボーナスがもらえます。

もちろん、クレジットカードの普段使いでも、100円の利用で1マイル貯まります。

一度作ると、30,000マイルぐらいはあっという間ですね。

▶︎【デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード】を公式サイトで見る

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード

ゴールドカードが少し高いと感じたら、こちらがおすすめです。年会費は13,200円なので、ゴールドカードの半分程度です。特典は以下のような感じです。

 

・入会ボーナス5,000マイル

・家族カード1枚目年会費無料

・ご入会から1年間、デルタ航空スカイマイル上級会員資格「シルバーメダリオン」を無条件でご提供

・最大25,000マイルのファーストフライトボーナスやご入会ボーナスマイルをプレゼント

シルバーメダリオンだと、ラウンジは使えませんが、優先搭乗や、デルタ航空の購入券購入時のマイルは、1$につき7マイルで換算されます。

もちろん、クレジットカードの普段使いでも、100円の利用で1マイル貯まります。

年会費は13,200円って少し高いようにも感じますが、入会ボーナスマイルが貰えますし、また月割にすると月額約1,000円です。ご家族1人が無料なので、月額一人500円と思えば安くないですか。

正直かなりお得なカードだと思いますよ。

▶︎【デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス®・カード】を公式サイトで見る

デルタ航空スカイマイルのデメリット

デルタスカイマイル航空券交換

デメリットは正直あまりないのですが、30,000マイルのような少ないマイルで交換できるアメリカ往復の航空券は、基本的には直行便はないと思った方が良いです。

例えば先ほど紹介した、2020年2月27日発〜2020年3月5日のロサンゼルスの旅券では、オレゴン州 ポートランド空港で3時間半のトランジットを含んでいます。

トランジット

デルタ航空のスカイマイルでも直行便の購入はできますが、少し必要マイル数が上がります。

あ、あと当然ですが、この30,000マイルでアメリカにいけるのは、時期が限られていることをご承知願いますね。

特に繁忙期は値段が跳ね上がりますので。

ただ、私はサンディエゴ在住ですが、少し寒いですがサンディエゴやロサンゼルスなら冬でも楽しめると思いますよ。

デルタ航空のスカイマイルでチケット交換の際のデメリットはこのぐらいでしょうか。

デルタ航空のスカイマイルを貯めてアメリカに旅行しよう!

デルタスカイマイル航空券交換

いかがでしたか。

今回ご紹介した方法は、どの航空会社よりも最小のマイル数でアメリカに行くことができると思っています。

ご夫婦でしたらデルタのクレジットカードを1年~2年ぐらい使えば、旅行分のマイルは貯まると思いますので、ぜひチャレンジしてみてください。