【DMM英会話】iKnowの効果を1ヶ月間検証 [1日6分で200単語]

 

はてな顔
・iKnowって効果あるの?
・iKnowを使うとどのぐらい単語を覚えられるんだろう?

 

この記事では、iKnowを使い1ヶ月間でどのぐらい英単語が覚えられるか、またそれらの単語が定着するかを検証しました。

 

 

結論を言うと、

・1日6~7分程度の勉強量で、1ヶ月合計200単語を習得
・200単語の定着率は平均で70~80%程度

 

という形になりました。

 

総合して、私はiKnowのシステムはとても優れたシステムだと思っています。

 

また、私は200単語程度でしたが、工夫すればもう少し多く覚えることもできたと思っています。

 

 

この記事では、検証結果や内容に加え、iKnowの不満点や工夫すればよかった点を、もう少し詳しく説明します。

 

 

iKnowを1ヶ月実施した内容と結果

iKnow-1ヶ月-結果

 

iKnowを1ヶ月実施し、どのぐらい単語が覚えられて、また定着するかを検証しました。

 

実施時間

DMM英会話-iKnow実施時間

 

実施時間は、30日間のトータルで3時間22分となりました。

15分~20分実施した日もあれば、忙しく全く実施できなかった日もあります。

 

日数で割ると、1日あたり6~7分程度実施したことになります。

 

覚えた単語数

 

私はTOEIC900点を取得しており、そこそこ単語力には自身があったので、下記のコースを選択しました。

英会話のコースでは最もレベルの高いコースです。

 

・英会話マスター4000コース1
・英会話マスター4000コース2

 

このコースでは合計で200単語あり、これらを全て実施しました。

 

ひげエンジニア
ひげ
本コースでは既知の単語も結構出てきたよ。初見の単語は100~120単語ぐらいだったと思う。

 

定着率

 

2つのコースのそれぞれの定着率は下記のようになりました。

 

 

英会話マスター4000コース1

DMM英会話-iKnow定着率1

 

 

英会話マスター4000コース2

DMM英会話-iKnow定着率2

 

単語の意味を答えられるという意味では、個人的な感覚では英会話マスター4000コース1は80~90%ぐらいは覚えられたかなと思っています。

 

英会話マスター4000コース2は70%ぐらいです。

 

 

困り顔
上で定着率のグラフだともう少し数値は悪いようだけど。。

 

ひげエンジニア
ひげ
iKknowの問題形式の中には単語を書く問題も含まれているんだけど、ちょっとした綴を間違えたんだ。。

 

私はライティングを含んだテスト等の受験は目指していません。

なので、現段階であまり綴りを重視していません。

 

1ヶ月実施して改善すればよかった点

iKnow-1ヶ月-改善点

 

ひげエンジニア
ひげ
次に、こうすればよかったといったような改善点を挙げるよ。

 

1日の学習時間はもう少し多めに

 

1日平均6~7分ぐらいでやっていましたが、最低でも15分ぐらいやればよかったと思います。

 

6~7分の割合として、復習が多くありました。

15分やっていれば、1日の勉強時間の中に新規の単語を覚える時間を増やせたと思います。

 

そのため、15分やっていれば200語の倍以上、おそらく500語程度は覚えられたのではないでしょうか。

 

毎日実施すべき

 

1ヶ月の間にiKnowを実施しない日が2~3日程度ありました。

 

やはり、単語の学習は毎日続けるべきです。

15分程度だったらすきま時間でもできるはずです。

 

単語の学習で重要なのは、単語を見る回数です。

 

ひげエンジニア
ひげ
例えば1週間に1回、1時間勉強するよりも、毎日5分を続けた方が定着率は上がっているはず。

 

また、やらない日が1日あると、その次の日の復習すべき単語数がとても多くなります

 

その日は新規単語は覚えられず、復習だけで終わってしまうようなこともありました。

 

iKnowの不満点

iKnow-1ヶ月-不満点

 

iKnowは総じてすごく優れたシステムだと思っています。

 

しかし、いくつか「こうだったら良かったな」と思う点もあります。

 

問題回答時に問題が表示されない

 

1つ目は、「回答」の時に、「問題」が表示されていないことがある点です。

 

わかりにくいと思いますので、具体例で紹介します。

 

例えば、下記のように「家屋、敷地」の英語を答える問題があったとします。

iKnow-工夫点

 

この画面からEnterを押すと、次のような画面に遷移して、空欄だけしか表示されません。

iKnow-工夫点-2

 

 

ひげエンジニア
ひげ
この形式の問題点は、誤ってEnterを連打してしまった時、問題が分からず回答画面になってしまうという点。

 

癖でEnterを連打してしまい、そもそも問題が分からず何回か不正解扱いとなりました。。

 

記述式の問題がいらない

 

私は、TOEFLなどの、単語の正確な綴りが必要となるような試験の受験は目的としていません。

 

ひげエンジニア
ひげ
正直、現状僕は意味が分かればいいと思っているので、記述式の問題は要らないな。。

 

綴りを1文字間違えて定着していないとなっても、あまり覚える気がありません。

もちろん、記述の問題が必要な人がいることも分かっています。

 

 

なので設定画面などで、「記述式の問題を除外」といったような選択肢があればよかったなと思います。

 

知っている単語は除外したい

 

最後に、自分の既知の単語を除外する仕組みがあればよかったなと思います。

 

英会話マスター4000コースを受講しましたが、半分ぐらいは知っている単語でした。

これらを何回もテスト形式で確認するのは少し時間がもったいないと感じました。

 

ひげエンジニア
ひげ
例えば、1回目で正解した単語は出題の頻度を低くできるなどの昨日があったら嬉しかったな。

 

まとめ

iKnow-1ヶ月-まとめ

 

この記事ではiKnowを1ヶ月間使い、どの程度単語が覚えられ定着するのかを検証しました。

冒頭にもだしましたが、もう一度、結果はこちらです。

 

 

・1日6~7分程度の勉強量で、1ヶ月合計200単語を習得
・200単語の定着率は平均で70~80%程度

 

不満点も書きましたが、特に気になるほどではありません。

 

iKnowは総じてすごく良くできた単語の暗記システムだと思います。

 

「DMM英会話」を受講していれば、タダで使えるなんて信じられないほど素晴らしいシステムだと思います。

 

ただ、単語だけをやっていても、使わないとなかなか定着しないものです。

 

英会話とセットで使えばより一層効果的だと思います。

 

ぜひ、DMM英会話とセットで使ってみてください。

 

DMM英会話の申込みはこちら

 

 

 

関連記事
【DMM英会話】iKnowの効果的な使い方と連携方法を解説