【DMM英会話】ネイティブプランのメリット・デメリットを紹介

困り顔
オンライン英会話では講師はネイティブがいいのだろうか…
講師がネイティブであることのメリットを知りたい
英会話を始めるときに必ず悩んでしまいますよね。
英会話を学ぶなら、ペラペラになりたいと誰でも思うものですし、ネイティブと話せるようになりたいですよね。

 

 

一方で、ネイティブ講師の受講料は高くなる傾向にあります。
困り顔
高いお金を払ってネイティブプランにする必要があるのかな…
ひげエンジニア
ひげ
安心して。この記事では適したプランの選び方についても解説するよ。

 

ネイティブプランを考えている人の一番の悩みは、自分はネイティブプランを選ぶべきかどうかだと思います。

 

この記事では、ネイティブプランに適した人とそうでない人、またネイティブプランのメリット・デメリットを紹介します。

 

この記事の内容
・ネイティブプランのメリット・デメリットを理解できる
・自分にあったプランを選択できる

 

 

 

困り顔
そもそもネイティブプランと通常のプランは何が違うの?
ひげエンジニア
ひげ
ネイティブプランと通常プランの違いや特徴を解説するよ。

 

まずは、DMM英会話のプラスネイティブプランはどのようなプランか紹介します。

 

講師の国籍

DMM英会話のネイティブプランでは、6カ国のネイティブ講師がいます。
在籍人数はネイティブだけで800人以上です。

 

国籍は、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカです。

国旗

はてな顔
南アフリカって英語なの??
ひげエンジニア
ひげ
実は僕もDMM英会話を始めるまで知らなかったんだ。。。
でも、思ってたよりも訛りはなかったよ。

 

 

また、プラスネイティブプランでは、日本人の講師も選ぶことが可能です。
日本人を選ぶことのメリットは、わからない点を日本語で確認できるということです。
英語の意味や構造が分からなかったとき、英語で説明されても理解できるまで時間がかかることがあります。

 

 

日本人講師であれば、日本語で解説してもらえてすんなり理解することができます。

特徴

ネイティブ講師を選ぶ特徴は、何と言っても本場の発音を身につけることができきる点です。

 

他の国の講師だと、やはり微妙に発音が違ってきます。

 

このネイティブの発音というのは、ネイティブプランの最大の特徴であり、お金を払う価値のある部分です。

 

はてな顔
でも、発音は今ではネットに転がってるよね?それでも必要?
ひげエンジニア
ひげ
確かにネットで発音の音声を確認はできる。でも、これは一つ一つの単語に限った話なんだ。
単語と単語の繋がりの音を理解することが英会話では重要なんだ。

 

英語は単語単語が連結するリエゾンという音があり、こういった音はネイティブのサウンドを聞かないと学習でません。

 

例えば、「When I was~」というフレーズを発音したい時、
ウェン アイ ワズ」とは言わず、「ウェナィワズ」みたいに発音します。

 

このように、自然な発音を身に付けることができます。

 

値段

スタンダードプランとの値段比較です。
見てわかる通り、通常プランの約3倍の値段となってます
スタンダードプラン プラスネイティブプラン
6,480円(1ヶ月) 15,800円(1ヶ月)
10,078円(2ヶ月) 31,200円(2ヶ月)
15,180円(3ヶ月) 45,100円(3ヶ月)
スタンダードプランを選ぶにしろプラスネイティブプランを選ぶにしろ、長期的に英会話を学びたい方は3ヶ月プランがもっとも1回あたりの受講料が安く、一番おすすめとなってますね。

 

プラスネイティブプランのメリット・デメリット

DMM英会話のプラスネイティブプランのメリットとデメリットについて解説します。

 

ひげエンジニア
ひげ
プランを選ぶ上で最も重要なところだよ!!

メリット

まずメリットを3つ紹介します。
・ネイティブの発音をリスニングできる
・文章の正確な添削をしてもらえる
・単語の細かい違いやニュアンスを理解できる

ネイティブの発音をリスニングできる

1つ目のメリットは、ネイティブの音を聞くことができる点です。

 

英会話は、「話す」、「聞く」の2つの技能を伸ばすものです。
話す部分はネイティブでなくても十分に練習は可能です。

 

しかし、聞く部分に関しては、ネイティブとそうでない場合だと、早さや発音、音のつながり(リエゾン)が違ってきたりします。

 

 

こういった点ではネイティブのほうが利点が大きいでしょう。

 

ネイティブに文章の添削をしてもらえる

2つ目は、ネイティブに自分の発言や文章を添削してもらえる点です。

 

ただ、決してネイティブでない場合は添削してくれないと言っているわけではありません

 

DMM英会話の講師の方たちはしっかり教育を受け、文章の添削などをしてくれるはずです。

 

しかし、どうしてもネイティブでないと分からない細かいニュアンスがあるはずで、これを知るのはネイティブを使うメリットがあります。

 

例えば、私が受講したときに、マニアックな文章ですが「授乳する」という発言をした場面がありました。

 

ここで私は、「She has to do brest feeding」と言ったのですが、
これは文法的には間違っていないように見えますが、より自然な表現である「She has to  breast-feed」に訂正をしてくれました。

 

 

このように、微妙ではありますが、実際にネイティブが使う表現を示してくれます。

単語のニュアンスの違いを理解できる

3つめは単語のニュアンスを理解できます。

 

例えば、checkとconfirmの違いを説明できますか。
両方等も「確認する」という意味なので、説明は難しいのではないでしょか。

 

こういったときに、特定の場面でどっちを使えばいいかとかは、なかなか自分では思いつかず考えてもわかりません。
また、ネイティブでない講師は正確には答えられないかもしれません。

 

こういった場面でも、ネイティブの講師は正確に答えることができメリットの一つになります。

デメリット

次に2つのデメリットを紹介します。

・初心者には話すスピードが早すぎる
・通常プラント比べて値段が高い

 

初心者には話すスピードが早すぎる

通常プランのネイティブではない講師と比べると、ネイティブの方が話すスピードが早いです。
つまり、初心者には確実に聞き取りにくいです。

 

初めから無理をしてネイティブプランにしなくても、まずは通常プランからでもいいと思います。
これで「アメリカ人の英語は聞き取れない…」と持ってしまうと、モチベーションの低下に繋がってしまいます。

 

また、聞き取りも大事ですが、日本人は話せない人が多いので、まずは通常プランでスピーキングの向上をねらってもいいと思います。

通常プランに比べ値段が高い

2つ目は、すでに紹介していますが通常プランと比べ約3倍の値段となっています。

ここが一番迷うべきポイントでしょう。

正直、スタンダードプランとネイティブプランの値段が同じであれば、そりゃネイティブプランにしますよね。

 

 

デメリットの結論としては、英会話の初心者は、まずは通常プランでスピーキングを鍛えたほうが良いでしょう

 

初心者向けにも記事を書いていますので参考にしてみてください。

関連記事

・初心者でも英会話初められるかな... ・英語初学者がどの教材から始めればいいんだろう? ・レッスンを効率のよいものにしたい!   初心者の方にはありがちな悩みですね。   私は今[…]

DMM英会話初心者教材

 

どんな人がプラスネイティブプランに向いているか

 

 

はてな顔
結局、どういう人がプラスネイティブプランを選べばいいの。。。
ひげエンジニア
ひげ
英会話初心者はスタンダードプランで話す力を身に付けるべきだと思うんだ。
ネイティブプランを選択すべき人は3パターンあると思っているよ。

 

メリット・デメリットを考慮しつつ、どんな人がプラスネイティブプランを選ぶべきか紹介します。

 

・英語力が中級以上の人
・絶対にネイティブの表現を身に付けたい人
・特定の国に行く予定の人

 

 

英語力が中級以上の人

まず、初心者で迷っている人は、スタンダードプランをおすすめします。

初心者が3倍のお金を払ってネイティブとアウトプットの練習をするなら、まずはスタンダードプランでアウトプットの練習をした方がいいです。

 

ひげエンジニア
ひげ
お金に余裕のある人は、ネイティブプランでもいいと思うよ!!

 

また、ネイティブの英語は早いため、初心者では会話にならないこともありえます。

 

スタンダードプランの英語圏の講師であれば聞き取りやすいです。

 

もちろん、ネイティブにゆっくり話してもらうことも可能ですが、費用対効果を考えるとネイティブでなくてもいいと思います。

 

ネイティブの表現を身につけたい人

 

メリットで書いた、ネイティブ表現細かいニュアンスも身につけたい人はプラスネイティブプランにすべきです。

 

ただ、受講中は気を付けなければいけません。
相手がネイティブであっても、会話中に全部の表現を訂正してくれるわけではありませんし、聞かないと訂正してくれないときすらあります。

 

この表現は絶対確認したい!と言う時は、話を止めてでも正しい表現を確認しましょう。

 

特定の国に行く予定の人

 

最後は、その国に行く予定のある人です。

 

赴任や留学でアメリカに行く人は、アメリカ英語に慣れておく意味でネイティブプランを選んで、
行く予定国の国籍の講師だけを選び、徹底的に英会話を鍛えるのもありでしょう。

 

ネイティブプランを選ぶときの注意点

 

ネイティブの講師を選ぶときの注意点を紹介します。
喜び
よし!ネイティブプランで色んな講師と会話するぞ!
ひげエンジニア
ひげ
待って!僕のおすすめはネイティブ講師の国籍は固定することだよ!
DMM英会話には6ヶ国のネイティブ講師がいて、それぞれの国で発音が全く異なります。

 

例えば、canという単語1つとっても発音が違います。
アメリカでは「キャン」
イギリスでは「カン」
と発音します。

 

発音を身につけたいにも関わらず、いくつもの国籍で発音を聞いて覚えようとしては非効率です。

 

どっちが正しいかわからなくなってしまいます。

 

どこの国の発音が正しいとか正解はありませんが、国籍を固定して聞く発音は統一したほうが良いでしょう。

 

 

また、講師は評価の良い人を選んでください。

 

講師が低いのにはそれなりの理由があるはずです。
私は一度、評価の低い講師を選んだことがありましたが、一方的に話される場面が多かったです。
ただ、評価が高くなくても良い人はいますにで、一度受けてみて、自分にハマったらその人で継続してみるのも良いでしょう。

 

まとめ

 

この記事では、DMM英会話プラスネイティブプランのメリット・デメリットと、
またどういった人がネイティブプランを選ぶべきか紹介しました。

 

最後にもう一度おさらいしましょう。

 

DMM英会話プラスネイティブプラン
メリット:
①ネイティブの発音をリスニングができる
ネイティブに文章の添削をしてもらえる
単語のニュアンスの違いを理解できる
デメリット:
①初心者には話すスピードが早すぎる
②料金が高い(スタンダードプランの約3倍)
プラスネイティブプランを選ぶべき人:
①英語力が中級以上
②ネイティブの表現を身につけたい人
③その国に行く予定の人

 

DMM英会話のプランを迷っている人は、ぜひ判断の材料にしてみてください。

 

DMM英会話の無料体験はこちらから。↓