【投資初心者】米国ETFのVOO・VTIに投資を決めた理由

こんにちは。

 

30歳過ぎてからいろいろ挑戦しているひげエンジニアです。

この記事では投資について書いています。

 

2019年12月ごろから投資の勉強を始め、2020年3月頃から投資を開始しました。

 

数カ月間投資の勉強をし、投資の初心者は米国ETFのインデックス投資と高配当ETFからスタートするのが最も得策であるという結論に達しました。

 

インデックス投資と高配当ETFへの投資は、セクタの分散が効いていて、トータルリターンと配当金が見込めるからです。

 

 

特に私が購入を始めた米国インデックスのVOOとVTIは、米国株式の全体に投資すると言っても過言ではありません。

 

今回は、初心者でも始められるVOOとVTIについて、私が選んだ理由を詳しく説明します。

 

この記事の内容:
・米国ETFのインデックス投資が初心者に最適な理由を理解できる
・米国ETFのインデックス投資であるVOO・VTIがオススメである理由を理解できる

 

はてな顔
なぜ目的が大切なの?単純に資産を増やしたいんだけど。

 

ひげエンジニア
ひげ
目的に応じて、投資すべき銘柄投資の対象や金額が変わってくるからだよ。

 

 

 

私の投資の目的は2つあります。

 

・老後の資金を調達する
・日々の生活を楽にする

 

これが、インデックス投資高配当株投資を選んだ理由です。

 

 

2020年3月現在でポートフォリオの比率は、インデックス投資が50%高配当が50%としています。

 

 

老後の資金を調達する」という点に関しては、老後のために3000万円ためたいと思っています。

そのため目先の配当金目当てではなく私が定年した後のトータルリターンが目的です。

 

 

高配当株は、配当利回りに応じて配当金を手に入れることができます。

まずは月に1万円程度の配当金がもらえることを目指し、配当利回り3~4%を狙って高配当ETFへの投資を始めています。

 

高配当ETFについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

 

 

 

 

インデックス投資を始めた理由

 

はてな顔
老後資金の調達に、なぜ米国インデックス投資を選んだの?

 

 

ひげエンジニア
ひげ
米国インデックス投資は、セクタが分散されリスクが低く、トータルリターンも見込めるからだよ。

 

 

個別株への投資だとリスクが高い

 

株式の投資には様々な形態があります。

もちろん個別株投資も選択肢の一つではありますが、個別株はリスクが高く初心者には向かないと考えています。

 

理由としてこういったことが上げられます。

 

・個別株投資では分散ができない
・個人投資家が株価を簡単に予想できるほど甘い世界ではない

 

この辺は、こちらの記事にも詳しく説明していますので参考にしてみてください。

 

 

 

インデックス投資とは?

インデックス投資とは、主要な経済指標と連動する投資のことです。

 

 

例えば、「ダウ平均株価」という言葉を聞いたことがありませんか。

 

これは、米国ETFのインデックス投資の1つです。

もう1つ有名なものといて、S&P 500というものがあります。

 

 

① ダウ平均株価(ダウ工業株30種平均)
アメリカの様々なセクタ(例えば、IT、金融、小売など)の代表的な銘柄を選出。Apple、ゴールドマンサックス、マクドナルドなど、有名な30種類の銘柄で構成される。
② S&P 500
こちらもアメリカ様々なセクタの代表的な銘柄を選出。500銘柄で構成される。

 

このように、インデックス投資は様々なセクタで構成されていることで分散が効いています

 

 

米国のインデックス投資(VOO・VTI)がおすすめな理由

 

 

 

ひげエンジニア
ひげ
次は、具体的にどのETFに投資しているかを紹介するよ。

 

 

私は米国株ETFのインデックス投資の中で、VOOVTIに積立投資を始めています。

 

VOO

VOOは、アメリカの有名な株式指数であるS&P500」に連動したETFです。

この「S&P500」は投資の神様と言われる、バークシャー・ハサウェイのウォーレン・バフェット氏もおすすめしているものです。

 

VOOアメリカのバンガード社が出しています。

 

アメリカには他にも、ステイト・ストリートとブラックロックという有名な会社があり、それぞれSPYIVVというETFを出していますが、どれもそんなには大差がありません。

 

S&P500はアメリカの優良企業500社で構成

「S&P500」は米国の様々なセクタの優良企業で構成されています。

 

Top10の銘柄と構成比率は下記のようになっています。

銘柄 構成比率
マイクロソフト 5.66%
アップル 5.02%
アマゾン 4.27%
アルファベット クラスC(グーグル) 1.94%
アルファベット クラスA(グーグル) 1.73%
フェイスブック 1.62%
バークシャー・ハサウェイ 1.62%
ジョンソン&ジョンソン 1.55%
VISA 1.25%
プロクター&ギャンブル 1.21%

 

有名な大企業ばかりで、優良な企業で構成されていることがわかります。

 

トータルリターンが良い

 

S&P500は分配金の利回りはあまり良いとは言えません。

毎年の配当金を狙うのであれば、高配当ETFであるSPYD・HDI・VYMの方が良いです。

 

しかし、トータルリターンの面ではS&P500の方が圧倒的に有利です。

 

こちらで出しましたが、SPYD・HDI・VYMのなかで最もリターンが良いのはVYMです。

 

VOO比較

 

しかし、10年間で見ると、VYMと比べS&P500をベンチマークにもつVOOのほうが圧倒的にトータルリターンが優れている事がわかります。

 

 

ひげエンジニア
ひげ
インデックス投資であるVOOは、トータルリターンは優れてるけど分配金はあまりでないよ。
毎年コツコツお金がほしいか、最終的な額が高いほうがいいか、というところは好みだね。

 

 

VTI

VTIは米国の株式市場全体に投資をするETFで、約3600銘柄で構成されています。

 

 

トータルリターンはS&P500とさほど変わらない

下記はS&P500のベンチマークをもつVOOと、VTIを10年間で比較したものです。

また、高配当ETFもグラフに載っています。

 

VTI比較

 

見て分かる通り、VOOとVTIのトータルリターンには差がありません

小型株も含まれる

 

S&P500は優良な大型株が中心ですが、VTIの特徴として小型株も含まれています

 

そのため、中小企業が今後成長すれば、S&P500よりも大きいトータルリターンとなる可能性もあります。

 

 

ひげエンジニア
ひげ
結論、VOOとVTIの選択は好みだね。僕はVOO:VTI = 60:40の比率で投資しているよ。

 

まとめ

 

この記事では、私が米国インデックス投資を始めた理由と、実際に投資している銘柄について簡単ですが解説しました。

 

米国ETFのインデックス投資は、最も分散の取れた成長が期待できる投資だと思っています。

 

 

S&P500とVTIは多くの個人投資家が勧めている銘柄です。

 

ポートフォリオの比率は変える可能性がありますが、今後もこの2つの銘柄をポートフォリオから外すことはないでしょう。

 

・米国ETFのインデックス投資では、初心者にオススメのETF
・セクタと時間を分ける分散投資でリスクの低減が可能
・高配当株と比べて大きなトータルリターンが期待できる