【MUP week1】竹花さんがMUPを始めた本当の理由とは?

  • 2020年4月17日
  • MUP
MUP MUP

竹花貴騎さんはなぜこのMUPというカレッジを始めたのか?

 

MUPではこれまで竹花さんが8年間学んできた有益な情報を流しアウトプットしでき、めちゃくちゃためになります。しかも無料で。

みなさん視聴者だけがメリットがあることと思っていませんか?

実はMUPは竹花さんにも大きなメリットがあるんです

 

MUPの講義第一回目では、竹花さんがMUPを始めた7つの理由を語っています。

 

この記事では、week1で話されている内容の要約と、私が今後実施するアクションプランについて書いています。

 

動画はこちら。↓

 

関連記事

こんにちは。 YouTubeでMUPを知り、3/1にうさぎクラスに入会してから1ヶ月が経ちました。   あたらめて思うことは、MUPのうさぎクラスに入会してよかったと思っています。 MUPのうさぎクラスに入[…]

MUPうさぎクラス1ヶ月

 

①Limグループの人材採用

1つ目の理由は、Limグループの人材採用目的です。

Limグループでは、これまで採用をミスったと思うことが多々あったそうです。

採用をミスしたと思う理由:
・年収400万円のスキルなし人材を採用した場合、紹介料は30%の120万円となり高額
・採用し研修6ヶ月を終えた後、使えるか使えないかわからない人材というリスク
・この6ヶ月間も人件費が掛かっている
・6ヶ月後には辞めてしまう人材もいる

 

こういう人材に限って、面接では良いことをいう割に働かないこともあったそうです。

人材の採用は投資となってしまう。会社は学校ではないにも関わらず、なぜこんなリスクを負わなければならないのか。

そんなことするぐらいなら、MUPで竹花さんの知識を無料で与え、その中から優秀な人材をヘッドハンティングした方が効率が良い

このような考えに至ったそうです。

②他社への人材採用

 

竹花さんの知り合いには美容系、飲食、テック系など多くの社長の知人がおり、

①で書いた状況は、Limに限らず他の会社の社長も同じ状況に陥っている現状がありました。

 

こういった方達にも、MUPで教育された人材も紹介できる制度を作りたいというのが、竹花さんのMUPを始めた2つめの理由です。

Limだけでなく優秀な人材を欲しい会社はたくさんあるとのことです。

 

ただしこういった活動は紹介料を得る目的ではなく、社長との関わりを重要視しています。

 

③投資効率化と成功率向上

 

竹花さんがこれまで出会ってきた大学生のスタートアップや、事業を始める人のほとんどが、

考えがスカスカで事業計画書すら書けない人が多く存在していたそうです。

それなのに投資してくださいと言う人が多い。

 

その人たちに投資するぐらいなら、MUP内で事業計画を作ったり、プロジェクトを見ていく中で、これらないけそうなものに投資をしたい。こういった考えに至ったようです。

 

こうすることで、投資効率や投資の成功率も断然向上し、また投資する人をゼロから見ていくこともできるというメリットがあります。

 

④共同経営と協業

4つ目の理由として、MUPで出会った人と共同経営や協業が可能になることを挙げています。

 

実際にこれまでにもMUPで会った人との協業をしてきているようです。

例えば、MUPで出会った人と美容院を一緒にやるときに、MUPから美容師を出してオーナーとなり、Limが投資。

こういうことが、竹花さんにとっても協業者にとっても大きなメリットとなります。

⑤MUP株式会社の設立

5つ目はMUP株式会社の設立です。

 

MUPに1万人の人がいた場合、その1万人が一万円ずつ出して、一億円の資本金で会社を設立ことができ、

この会社でみんなで事業をやり、収益を皆に配当。

竹花さんはこういったことをできると考えています。

 

この動画現在でいえば、一人一万円(動画時点で200人の応募あり)を出資して、カフェを作ることを考えているそうです。

そのカフェは皆がオーナーとなるため、売り上げを上げるためにいろんな人がそのカフェへ連れていくようになる。そこで売り上げが上がれば配当を出す。

 

こういった地産地消の考え方で、株主がサポーター的存在で事業を大きくでくるのではないか、という考えでMUPを運営できるかという、社会的実験をするのがMUPの目的です。

⑥自分の視野の拡大

人に会わないと視野は拡大しません。

大学生でも主婦でも良くて、とにかく人に会う。

そのために、交流会で一気にいろんな人と会う機会を設けることがMUPの目的の1つです。

 

人と会うことのメリットは、いろんな考えやアイデア、協業など視野を広げることができることです。

⑦竹花貴騎の社会実験

これら①〜⑥を実施することが竹花貴騎さんの社会実験であると考えています。

これらを実行するために、竹花さんは皆んなにこの社会実験に加わってもらいたいと考えています。

 

また、MUPでは竹花さんからの様々なスキルやマインドセットのレッスンも、無料で受講/参加でき、個人としてのスキルアップも可能です。

 

まとめ

竹花さんがMUP Week1でお話ししている、竹花さんがMUPを始めた理由についてまとめました。

 

一人一人から少額の資金を集め、株式会社を運営、また出資先は自分たちの事業である、という考えが目から鱗でした。

一般的に株というのは買って終わりで、株価の動向を見守り、購入した株の会社に関わることない、という考えを持っていました。

しかし、竹花さんが言われているように、自分たちの事業だと思えばサポートしたくなりますし、

また出資者の人数が多いことから、事業者はたくさんの支援を集めることができます。

 

この考えに共感したらぜひMUPで学びましょう!