【MUP week11】企画設計スキルでアイデアを資料に落とし込む

  • 2020年4月13日
  • MUP
MUP MUP week12

 

仕事をする上では、自分の頭でアイデアが生まれ、ロジカルに考え、それを実際に形にしていくスキルが必要です。

これを企画設計スキルと言います。

 

つまりは、アイデアを資料に落とし込むためのスキルが企画設計スキルです。

 

資料を作る上では、もちろんきれいに上手く作ることや資料の完成度も重要です。

 

一方で、どれだけ効率良く作れるかも重要です。

 

MUPのweek11ではこれらのスキルを学べますよ!!

 

資料を効率よく作ることの重要性

会社員だったり将来的に起業したい人だったり、

多くの人が資料の作成に時間を費やしてしまっている事が多いです。

 

しかし、資料を作る時間は売上になりませんよね。

資料の作成時間はなるべく少ないに越したことはありません。

 

そのためには、やはり資料作成のフレームワークが必要となってきます。

 

私も会社員であり、資料作成には多くの時間を使ってしまっています。

どうしたらちゃんと伝わるか、どう書いたら上手く説明できるか、といったことを考えてしまっているからです。

 

このweek11では、具体例として顧客向けの資料作成方法について解説しています。

 

クライアント向け資料の具体例

クライアント向けの資料作成では、下記の構成でやるのがベストです。

AGENDA(目次)
結論
課題の定義
課題解決のスケジュール
課題毎の解決策提案
結論
コスト提案
見積もり

 

AGENDA(目次)
何について話をするのか目次を付ける。

結論
結論を伝えます。結論に関しては、以前のweekで話がされています。

課題の定義
クライアントはどんな課題を抱えているのか定義します。

課題解決のスケジュール
課題に対し、いつまでに何をして、いつまでに終わらせるかをスケジューリングします。

課題毎の解決策提案
クライアントが持つ課題を明確に定義しているので、課題毎の施策を提案します。

結論
ここで結論を伝える理由は、クライアントにもう一度結論を思い出させるためです。

コスト提案/見積もり
最後にコストや見積もりを提示します。

 

提案資料は、この流れに沿って作っていきます。

提案は企画設計の一部でしかない

これまでのMUPのweekly動画でも紹介されていますが、

提案の前段階では事前調査やヒアリングをしっかり行うことが重要です。

 

【企画設計スキルの流れ】

week11

 

ヒアリングについてはMUPのweek7の動画で解説されています。↓

関連記事

サービスを磨くより言葉を磨け。   ビジネスをやる上で最も必要なスキルの1つが、伝えるスキルです。 もちろんサービスも重要なんですが、「物は言いよう」で、 ある程度のサービスレベルであればその先は伝え方が重[…]

MUP week7

 

提案については3種類あります。

クライアント提案資料、社内提案資料、投資家提案資料です。

week11-2

しかしながら、まず重要なのは、クライアント提案資料です。

 

竹花さんの考えでは、社内提案の場合は資料は必要ありません。

もし作るとしても、Wordやパワポなど、文字だけで問題ないと思います。

 

投資家提案に関しては、weekly動画のもう少し先(week 24辺り)で投資について解説されており、

投資に関して理解を深めていないと、投資家がどういう目線でどういう提案を必要としているのか理解できません。

ですので、投資家提案に関してはもっと先のMUPの動画で解説される予定です。

 

提案はどの職種でも重要なスキル

今回は提案先がクライアントである場合を例にして具体例が説明されています。

これは対クライアントだけではなく、色んな場面で使える資料の作成順序だと思います。

資料作成の順番というよりも、むしろ必要な説明の順番だと思います。

 

竹花さんは社内の場合は資料は必要ないと言っていました。確かにその場合もあると思います。

しかし、資料は作成しないにしても、説明の順番は資料の作成順と同じであるべきです。

 

例えば、社内の提案であっても、まず目次で全体像を説明し概要を理解させることが大切ですし、

結論を最初に述べて、この提案で何がいいたいのか興味を惹きつけなければいけません。

この資料の作成順はこれらを網羅する最良の手段だと思います。

 

この順番を身に付けてれば、いつも以上に提案がスムーズにいくはずです。

 

MUP week11の動画ではここまでとなっています。動画はこちら。↓

 

この先がより深い企画設計スキルの話になっているはずで、うさぎクラス限定の配信となっています。

▶︎MUPうさぎクラスはこちら

 

この先の動画では実際にマツダ株式会社に提案された資料をもとに解説されるようです。

※2020/3/29日現在、うさぎクラス入会4週目のため私もまだ先を観れていません。。

week11-3