【MUP week13】Googleが最注力するMEOとは

  • 2020年5月6日
  • MUP
MUP MUP week13

 

Googleが今一番注力していることは自動運転です。

 

そして、Googleがこの自動運転と連携を図って注力しているのがMEOです。

 

 

事業をする上で、MEOを完璧に制することができれば必ず業績は上がるはずですよ!

 

 

関連記事

こんにちは。 YouTubeでMUPを知り、3/1にうさぎクラスに入会してから1ヶ月が経ちました。   あたらめて思うことは、MUPのうさぎクラスに入会してよかったと思っています。 MUPのうさぎクラスに入[…]

MUPうさぎクラス1ヶ月

 

オークションマーケティングは時代遅れ

 

これまでは飲食や小売事業はオークションマーケティングに頼ってきました。

 

しかし、これからはクオリティマーケティングの時代です。

 

オークションマーケティングとは?

 

高い掲載費を払えば上位表示が可能なシステムのことです。

 

例えば、ホットペッパーを見てみると、ワタミなどのような大手企業が上位にきていますよね。

これは高い掲載料を払っているからです。

 

ひげエンジニア
ひげ
つまり、お金のない中小企業は上位表示が難しいんだ。。。

 

中小企業は上位表示できないにも関わらず、このようなオークションマーケティングで戦おうとします。

完全に正直負け戦ですね。。

 

時代はクオリティマーケティング

 

困り顔
じゃあ、中小企業はどうやって戦えばいいの?

 

ひげエンジニア
ひげ
中小企業に重要なのはクオリティマーケティングだよ。

 

クオリティマーケティングとは?

クオリティーマーケティングとは、品質で勝負するマーケティングです。

 

例えばインスタグラムです。

 

インスタグラムの個人アカウントのフォロワーは、大企業より多いことも多々ありますよね。

 

これにより売上を大きく上げている人もいます。

これはオークションマーケティングに頼っておらず、自分自身のクオリティに依存したマーケティングとなっています。

 

GoogleのSEOやMEOもクオリティマーケティングの一種

 

GoogleのSEOとMEOマーケティングは、お金を払っても上位表示されないんです。

 

ひげエンジニア
ひげ
リスティング広告は置いといてね。。

 

これも立派なクオリティマーケティングですね。

 

 

例えばGoogleで検索した時、必ずしも大手企業が上位に来るとは限らないですよね。

個人ブログが上位にくることもあります。

 

これはGoogleが個人ブログのほうを評価しているからです。

 

 

喜び
つまり、Googleはユーザへの価値提供を最重要視しているんだね!

 

ひげエンジニア
ひげ
そういうこと。Googleは企業の大きさやお金に関係なく、情報の価値を最重要視しているからだよ。

 

お金を払う払わないではなく、ユーザが求めるものを上位表示するようにアルゴリズムを組んでいるんですね。

 

MEOとは

 

はてな顔
MEOという言葉がでてきてるけど、一体何なの?

 

ひげエンジニア
ひげ
SEOはサーチエンジン最適化だったね。MEOはMap Engine Optimizationの略で、マップ検索エンジン最適化のことだよ。

 

 

もう少し具体的に見てみましょう。

 

普通、どこかに行こうとしている時は、「エリア×業種」で検索しますよね。

渋谷×カフェ
代官山×美容院
表参道×イタリアン

 

このように、「エリア×業種」を検索する人の74%はSEOではなくMEOを確認するんです。

 

 

例えば、渋谷×カフェで検索したとします。

そうするとGoogleでは下記のように表示されます。

MUP-MEO-1

 

このマップ上で表示されいるのがMEOで、皆んなこのMEOの部分をみてカフェなどを決めるわけですね。

 

MEOの何が良いのか

 

なぜ皆MEOで確認するのでしょうか。

MEOの特徴として3つあります。

 

・他店舗と比較できること
・口コミが見れること
・目的地までの距離が見やすいこと

 

他店舗と比較できる

 

Googleマップからであれば、ひと目で比較ができてしまいます。

例えば先ほどのカフェの例で見てみると、評価や、営業時間、コストやお店の雰囲気など簡単に比較ができてしまいます。

MUP-MEO-2

 

SEOだと、比較は簡単にできません。

 

口コミが簡単に確認できる

例えば先ほどのマップで「茶亭 羽當」というカフェが気になったとします。

クリックすると、店の雰囲気や口コミなどが簡単に表示されます。

MUP-MEO-3

 

目的地までの距離が見やすい

私はカフェを探す時、自分たちの現在地や目的地からの距離が近いことを重要視します。

 

MEO検索であれば、自分たちの目的地からどのカフェが一番近いか判断しやすいです。

近くて評価の良いカフェをすぐに見つけることができます。

 

 

なぜMEOをやるべきなのか

 

MEOをやるべき理由は、目的意識がはっきりした人にアプローチできるからです。

 

はてな顔
具体的にどういう人のこと??

 

 

ひげエンジニア
ひげ
例えば、「渋谷×カフェ」で検索する人はどういう人達だろう。今すぐや、明日にでも渋谷のカフェに行きたい人だと思わない?

 

喜び
確かに目的意識がはっきりしているね!

 

 

目的意識を持った人たちを、明日にでも集客できるようになるというのがMEOのメリットだね。

 

 

 

MEOではトップ10以内に入れば問題ない

 

SEOで集客しようとした場合、基本的には上位検索を目指します。

なぜなら、SEOでは上位にきたものを1~2個しか見られないからです。

 

しかし、MEOは違います。

先ほど紹介したように、MEOでは他の店舗との比較が楽に行なえます。

 

これにより、検索結果で1位で表示される必要はありません

10位までに入れば見られる傾向にあります。

 

優先順位はMAPの掲載

 

MEOの優先度で一番高いのは、MAPにしっかり掲載されることです。

 

渋谷駅に降りてカフェを探した時、青山や代官山といった場所のカフェが掲載されていても誰もいかないですよね。

渋谷にいてカフェで検索する人は、今すぐ渋谷のカフェに行きたい人なわけです。

 

しっかりと渋谷でもマップに自分のカフェが掲載されるようにしなければなりません。

このように、一番重要なのはMAPに掲載されることです。

 

比較対策

二番目に重要なのは、比較対策をすることです。

 

SEOと違いMEOでは他のお店と比較が簡単です。

そのため、比較されたときに選ばれるお店でなくてはなりません

 

ひげエンジニア
ひげ
選ばれるためには、写真、口コミ、ホームページなどの有無が重要になってくるよ。

 

 

こういった対策がしっかりしていれば、選ばれるお店になるわけです。

 

掲載順位

そして最後の優先順位として掲載順位がきます。

 

掲載順位で1位になる必要はないと書きましたが、上位に表示されることに越したことはありません。

 

それほど優先順位は高くありませんが、それでも掲載は上位を狙いましょう。

 

MEO対策で店舗集客を図ろう

 

MEOの対策はSEOとは大きく異なります。

MEO対策をすれば必ず店舗集客を見込めます。

 

これからは店舗集客にはSEOではなくMEOが重要になってきますし、個人や中小が唯一大手企業に勝てる手段でもありるということですね。

 

一方で、MEO対策で上位表示だけしていれば、事業がうまくいくかというとそうではないと思います。

 

表示された内容を選ばれるための工夫や、来店後のリピーターの獲得など、総合的な工夫が必要です。

 

MEO対策+αで事業を成功させるスキルを身に着けましょう。