【MUP week3】自己変革を実行せよ

  • 2020年4月17日
  • MUP
MUP MUP自己変革

アイスを買う冒険ができなきゃ人生の冒険なんてできない。」

 

これからは本業以外のスキルを身につけ、自己変革が必要な時代です。

人間は自分の人生で、気づかないうちにルーティーンを作ってしまっています。

布団から出て、シャワーを浴びて、靴を左足から履いて…といったようなルーティーンです。

 

自分の成長の邪魔をしているのがこの癖です。これを排除しないと人生を変えることはできません。

 

朝からコンビニでアイスを買う人はそうそういませんが、

明日の朝、コンビニでアイスを買うような変更もできないような人が自己変革なんてできません

 

この動画のweek3のセッションでは、小さく人生を変えるための、小さく変革を始める方法をアウトプットする講義となっています。

私のブログでは、竹花さんのMUP week3の動画を自分なりに要約しています。

 

MUP week3の自己変革に関しての動画はこちら。↓

 

関連記事

こんにちは。 YouTubeでMUPを知り、3/1にうさぎクラスに入会してから1ヶ月が経ちました。   あたらめて思うことは、MUPのうさぎクラスに入会してよかったと思っています。 MUPのうさぎクラスに入[…]

MUPうさぎクラス1ヶ月

 

自己変革の準備を

 

では、人生を小さく変えていく方法はどのようにすればいいんでしょうか。

それは、自分の日々のルーティーンを変えてみることです。

 

紙とペンを準備しましょう。

紙にまずは、日常の大カテゴリを書いてみてください。

日常の大カテゴリの基準は、1日のうちに1時間以上やっていることです。

 

大カテゴリを書いたら、大カテゴリ間に中カテゴリを書いていきましょう。

最終的は図はこんな感じです。

MUP week2 1.001

この図の中の、中カテゴリを少しずつ変えていってください。

1日に1つでも構いません。とにかく少しずつ変えてみることが大切です。

こんな感じです。

MUP week2 2.001

例えば上の図にあるように、

「自転車で駅まで行く」

徒歩で行く

に変えてみる。

 

また、

「いつも8:30の電車に乗る」

6:00の電車に乗る

に変えてみる。

 

こういった小さいことさえを変えられなければ、自分の人生は変える事なんてできないんです。

 

これを言うときに竹花さんがいつもする話は、

明日の朝、コンビニでアイスを買ってみる」こと。

コンビニで毎朝買っているものすら変えられなければ、自分が変わることはできません。

自分に領域以外の人と会えるコミュニティをもつ

自分の領域以外の人とのコミュニティを持つこと。

これがもう1つ自己変革を行うために重要なことです。

 

私たち日本人は、義務教育の9年間、またその後の7年間、

同じ地域、同じ年齢、同じ性別、同じ興味のグループで、16年間過ごしてしまっています。

これにより、同じ人といる癖がついてしまっているんです。

その癖とは、同じ人たちといると言う癖なんです。

MUP week2 3.001

この癖を変えない限り、自己変革は実行できません。

 

少しの行動から変えていこう

今後、スキルを身につける上で重要な自己変革。

人は大きいことを言いがちですが、自分の行動から見直して、少しずつ変革を起こしていきましょう。

大事なのは少しづつです。いきなり変えすぎると絶対に続きません。

 

明日の朝アイスを買って自己変革の一歩を踏み出しましょう!

このレッスンには続きがありますが、
他の内容に関してはウサギクラス以上のコンテンツになっていますので、ここでは記載できません。
興味を持てた方は、下記にページのリンクを貼っておきますので、ぜひうさぎさんクラスでどんなメリットがあるのかみてみてください!