【MUP week4】成長の継続のためにモチベーションは捨てるべき

  • 2020年3月16日
  • MUP
MUP MUP

スキルを身につけるのに重要なことは、継続すること。

この継続するスキルがないと、どんなスキルも身につきません。

 

継続してゴールに達成する。このゴールがスキルという意味なんです。

999歩目で諦めるなんてもっての外で、しっかりと継続スキルを身につけなければ何も始められません。

 

じゃあどうすれば継続できるか。答えは、モチベーションを捨てることなんです。

成長の継続にモチベーションは邪魔なんですね。

 

※このブログはMUP week4の動画を元にしています。

成長の継続にモチベーションは邪魔

何かをやりたい、成し遂げたいのに、

なかなかモチベーションが上がらないといった経験はありませんか。

例えば、英語を話せるようになりたいのにモチベーションが上がらず勉強が続かない…

 

こう考えてしまう人は、まずモチベーションは捨てること

ビジネスにおいても、スキルを取得する上でも一番邪魔な存在であり、

ここに関してはセルフマネジメントが必要なんです。

 

セルフマネジメントで重要なのが、継続するスキル。

継続するスキルで重要なのは、仕組み化することです。

 

インプット(学ぶ/知る)を増やし、アウトプットし、それを継続する。

継続の中には、成果がなかったり失敗したりすることはあるが、とにかく継続すること。

 

これを実行するためには、モチベーションに左右されない仕組み化/マニュアル化が必要となってきます。

MUP week3.001

 

 

仕組み化の具体的な例として、コンビニをみてみましょう。

コンビニの店員は、品出しやレジ打ちをしっかりできますよね。ここにモチベーションは関係ありません。

これはコンビニのマニュアルがしっかりしているからと言えます。

 

また、モチベーションは上司など他人には左右できることではありません。

上司がどれだけモチベーションを上げたとしても、

次の日に、例えば彼女と喧嘩した、などで一気にモチベーションは下がってしまいますよね。

自分に対しても他人に対しても、モチベーションを上げることなど考えない方が良いんです。

 

ポイント:
・スキルの取得に邪魔になるため、モチベーションは捨てること。
・モチベーションに左右されない継続スキルの仕組み/マニュアル化

 

継続のための時間確保

では、モチベーションを捨てた後、継続するためにはどうすればいいのでしょうか?

 

まず、継続するためには時間が必要です。

継続には時間を確保することからスタートしなければなりません

 

という話をすると、私には時間がないんです、という人いますよね。

でも、時間は誰でも平等に、一秒も狂わず平等に、

ビルゲイツににも皆さんにも、1秒も狂わず平等なんですよ

 

この時間の使い方がうまいか下手かで、

スキルを身に付けるボリューム量が変わってきちゃうんですね。

 

どのようにうまく時間を使うかというと、それはスケジューリングです。

ポイントは2つあり、

・スケジュールは予定ではなく行動を入れること

・それぞれの行動に制限時間を設けること

が重要です。

スケジュールは予定ではなく行動表

〜と会う、〜とランチ、〜と打ち合わせ。これらは全部予定に分離類されます。

これでは自己変革になません。

必ず行動単位でスケジューリングしならないんです。

 

例えば、誰と会うかという予定を入れるのではなく、

ここは必ず人と会う時間、

ここはカフェに行く時間、

といった形で行動単位でスケジューリングしていきます。

 

誰と会うか、カフェで何をするか、ということはこの時点では考えなくても良いんです

実際にそのタスクを実行する時までに考えておけば良いことです。

 

この行動ができなかったらこのタスクはスケジュールから消します。

スケジュール表の空欄(または消した)=タスクを実行できなかった

となるので、少しでもこの空欄を減らす努力をし、これを継続することが重要になってきます。

制限時間を設ける

予定ではなく行動単位でスケジュールングしたら、

スケジュールに入れた時間の通りに動いてみましょう

「制限時間内に終わらなければ、それはその人の負け。」

という気持ちで制限時間内に終わらせるように徹底するんです。

 

竹花さんもGoogle時代、仕事終わりを必ず勉強するという行動を決め、

そこにプログラミングの勉強をスケジューリングし、

リカレントに通い学んでいたそうですよ。

 

ポイント:
・スケジュールは予定ではなく、行動単位で立てること
・各タスクには時間制限を設け、時間内に終わるように徹底すること

継続のためにスケジューリングを徹底しよう

MUPのweek4の動画では、継続するための秘訣について話されました。

 

人はモチベーションに左右されやすいですし、私もモチベーションが上がらないことは頻繁にあります。

しかし、自己変革のためにはモチベーションなんて言ってられないですね。

 

行動管理を徹底することで仕組み化し、モチベーションに左右されない行動を心がけましょう!

アクションプラン:
①予定ではなく、行動単位でスケジュールを決めること。
(Note:何をするかの予定は決まってなくて良い。スケジュールまでに決定する)
②上記のスケジュールには必ず時間制限を設けること。
このレッスンには続きがありますが、
他の内容に関してはウサギクラス以上のコンテンツになっていますので、ここでは記載できません。
興味を持てた方は、下記にページのリンクを貼っておきますので、ぜひうさぎさんクラスでどんなメリットがあるのかみてみてください!

MUPのweek4の動画は動画はこちら。↓