アメリカのスタバではサイズに気をつけて注文を!【注文方法付き】

こんにちは。

アメリカのスターバックスに初めて来た時、日本と同じサイズだろうとミディアムサイズを注文したら、日本のサイズよりでかかったんです!

てかでかすぎで飲みきれませんでした。。そんなにたくさんのコーヒーを飲めません。

同じ轍を踏まないよう、皆さんにアメリカと日本のスタバのサイズについて紹介します!

日本とアメリカのスタバのサイズ比較

アメリカ スタバ サイズ

アメリカと日本のスタバのサイズを比較してみましょう。

アメリカのスタバのサイズ

早速アメリカのスタバのサイズをみてみましょう。

サイズ 呼び方
Short (ショート) 236ml (8 fl oz) XS(Extra small)
Tall (トール) 354ml (12 fl oz) S(Small)
Grande(グランデ) 473ml (16 fl oz) M(Medium)
Venti (ベンティ) 591ml (20 fl oz) ※ホットの場合

709ml (24 fl oz) ※コールドの場合

L(Large)
Trenta (トレンタ) 916ml (31 fl oz) ※コールドの場合 XL?(Extra Large?)

上記のように、5種類があります。アメリカ人からするとショートは小さすぎのようで、頼んでいる人はみたことないですね。

トレンタの呼び方に?が付いているのは、正直呼び方がわからないためです。。

日本のスタバのサイズ

次に日本のサイズ表です。

サイズ 呼び方
Short (ショート) 240ml S(Small)
Tall (トール) 350ml M(Medium)
Grande(グランデ) 470ml L(Large)
Venti (ベンティ) 590ml LL?

見てお分かりですよね?日本だとショートサイズをSと読んでいるんです!

通りでアメリカでMサイズを頼んだら多いわけですよ。正直、ブラックコーヒーを473mlも飲みきれないっす。

アメリカで注文する時は、日本で頼む時のサイズよりひとサイズ小さめを選ぶ、ということを意識しておくといいかもしれません。

アメリカのスタバでの注文方法

アメリカ スタバ 注文

初めてアメリカのスタバで注文した時は、かなり大変でした。皆さんがなるべくスムーズに注文できるように、注文の流れを紹介します。

店に入って注文前に挨拶されますのえ、こちらも挨拶をしましょう。

店員:Hi how’s it going?
YouGood! Thanks.
本当はこちらからも、How’s it going?や、How are you?とか聞き返した方がいいかもしれませんが、色々言おうとすると大変なのでこれぐらいで問題ありません。
次に、何を注文したいか聞かれます。
店員:What can I get for you? (何を注文しますか?)
You:I’ll have a black coffee. (ブラックコーヒーをください)
black coffeeの部分を欲しいものに変えればオッケーです。例えばCafe Latteであれは、I’ll have a latteで通じます。他にも言い回しはありますが、とりあえずこれだけ覚えれば大丈夫です。
また、普通のコーヒーを頼もうとしてCoffeeだけ言うと、Coffeeの発音が難しく全く通じないことがあります。
その場合、black coffeeと言うと通じやすいです。
そのあとサイズを聞かれます。
店員:What size? (何を注文しますか?)
You:I’d like a tall size. (トールサイズをください)
上記のように答えればOKです。私の経験だと、スモールサイズを注文するとトールサイズが来ます。
ただ、もしかすると店員によって違う?可能性もあるので、前述したトールやグランテなどの言い方で注文するのが確実です。
最後にブラックコーヒーを注文すると、砂糖とミルクをいるか聞かれます。
店員:Would you like milk and sugar? (ミルクと砂糖は入りますか?)
You:No, I’m fine. Thank you. (いいえ、結構です。)
上記のように答えれば問題ないです。

スタバでサイズに注意して注文してみよう!

アメリカ スタバ サイズ
いかがでしたか。
アメリカのスタバでは量を頼みすぎないように注意してください。上記の注文方法で好みのものを頼んでみましょう。