アメリカ生活

犬とアメリカから日本に帰国する時のポイントと注意点

犬とアメリカから日本に帰国する

 

2020年に犬を連れてアメリカから日本に帰国しました。

犬はアメリカで飼い始めましたし、国を移動するのは初めての経験だったこともありとても大変でした。

動物検疫所が紹介している日本に犬を連れて行く手順は下記のようになっています。

マイクロチップの埋め込み
狂犬病の予防接種(2回)
狂犬病抗体検査
180日間の待機
日本の空港への事前届出
輸出前検査
輸出国の証明書の取得
日本到着後の輸入検査

これらの各手順を紹介しているページはたくさんありますが、その多くは注意点やポイントについては書かれていませんでした。

この記事では、私の経験から犬を日本に連れて帰る際にポイントとなることを中心に書きました。

ぜひ参考にしてください。

これは202010月時点での情報です。最新の情報は必ず調べるようにしてください。

マイクロチップの埋め込み

まずはマイクロチップの埋め込みについてです。

埋め込みは狂犬病予防接種より前に!

1つ目のポイントは、動物検疫所のホームページにも書かれていますが、必ず1回目の狂犬病接種より前にマイクロチップを埋め込んでください。

理由は、狂犬病予防接種の証明証にマイクロチップ番号を記載してもらうためです。

狂犬病の予防接種より前にマイクロチいぷを埋め込んでいない場合、狂犬病の予防接種を3回以上する必要が出てきますので注意してください。

マイクロチップはデータマーズ(Datamars)が無難

動物検疫所のホームページを見ると、マイクロチップの種類は国際標準化機構(ISO11784及び11785に適合する必要があると記載があります。

これに準じていないと、自前でマイクロチップを読み取る機械を準備する必要が出てきます。

アメリカでマイクロチップを埋め込んでもらう場合、獣医にお願いすることになりますが、その際に(ISO)11784及び11785のどちらかに準じているか確認が必要があります。

 

しかし、私は獣医さんにこれを聞いた時、「たぶん準じてるよ」ぐらいではっきりした答えはわかりませんでした。

この「たぶん準じてる」を信じて埋め込みをお願いしたんですが、埋め込んだマイクロチップの説明書をもらったところデータマーズ(Datamars)社製のものでした。

そして、本説明書にはISOに準じていることの記載がありました。

データマーズ(Datamars)社のホームページにもマイクロチップが3種類紹介されていますが、全てISOに準じているようです。

ですので、もし動物病院でISOに準じたマイクロチップを使ってもらえるか心配な方は、データマーズ(Datamars)社であることを確認できれば問題ないかもしれません。

あくまで私の調べた限りではデータマーズがISOに準じてそうですが、必ず個人でも確認するようにしてください

狂犬病の予防接種(2回)

次に狂犬病の予防接種についての注意点です。

必ずマイクロチップ番号を読み取ってもらうこと

1つ目のポイントは、狂犬病の予防接種前に必ずマイクロチップ番号を読み取ってもらうことです。

そして、もらった狂犬病の予防接種の証明証(Rabies certificate)をその場で確認し、マイクロチップ番号の記載があることを必ず確認してください。

これはもっとも重要な手順といっても過言ではありません。

 

Yumiさんブログによると、マイクロチップ番号の記載がないことで、輸出前検査の手順でAPHIS endorsement officeから裏書(endorcement)をもらえなかったそうです。

ここで重要なのが、マイクロチップ番号は予防接種を受けたその場で必ず記載があることを確認することです。

 

まだ予防接種を受けた時はこのことを知らず、実は私の持っていた証明書にもYumiさん同様にマイクロチップ番号の記載がありませんでした。

私の犬はPetcoの病院であるVetcoで狂犬病の予防接種を受けたのですが、Vetcoに再訪しマイクロチップ番号の追記をお願いしたところ、「後からは追記できない」とはじかれてしまったんです。。

しかし、これがないと日本に連れて帰ることはできないため、日にちを変え3箇所ぐらい違うVetcoに行き、違うスタッフにお願いすることでマイクロチップ番号を入れてもらえました。

これは相当苦労しました。。。

確実にその場でマイクロチップ番号が証明書にあることを確認しましょう。

狂犬病の予防接種には筆サインをもらうのが無難

狂犬病の予防接種証明証をもらう際、できれば獣医の直筆サインをもらうよにしてください。

これは、確実に必要な事項かは私もわかりません。

ただ、私が犬を連れて帰る前に色々と調べていた時、コピーではなく原本を提示しなければならないという情報を見つけました。

なので、念のためコピーではなく直筆のサインがあるものが良いと思います。

 

Vetcoの場合、その場では証明書をもらえません。ネットのマイページから印刷する形です。

私は印刷した証明書をVetcoへ持っていき、コピーのサインの下に直筆でサインをもらいました。

こんな感じです。

vetサイン

狂犬病抗体検査

次に狂犬病抗体検査です。これは、狂犬病の予防接種を打った後に、血液にしっかりと抗体ができているか確認するものです。

日本の動物検疫所がアメリカで指定している機関は以下の2つです。

 

私はカンザス州立大学に依頼しました。

難しいことはないので特に注意すべき点はありませんが、私が実施した手順を記載しておきます。

メールをする

まずはカンザス州立大学にメールをしました。

日本に帰国するため、狂犬病抗体検査を実施したい旨を伝えます。

また、コロナ禍だったこともあり、念のためどのぐらいで結果が来るかも確認しました。

これは必須ではないと思います。

支払いをする

次に動物病院に行く前に支払いをします。

支払いはオンラインでできます。

 

下記はカンザス州立大学ホームページのpaymentページで”Rabies”というワードで検索した時の支払い商品リストです。

商品リスト

上記のように”Rabies”というワードではいくつかでてきますが、私は羽田空港の検疫所にどのテストかを事前に確認をしました。

間違えがないように、確認しておくと無難でしょう。

※ちなみに私が依頼したのは、$90のFAVN-Rabies Antibody for Export (RFV-1001)というやつですが、個人でしっかり確認はしてください。

フォームを記載する

FAVN Report Formというものがホームページに置いてあります。

自分の情報の欄は漏れなく記載しましょう。

病院を予約して依頼

最後に病院の予約&受診です。

日本入国のため狂犬病抗体検査を実施したい旨を病院伝え、カンザス州立大学のホームページに落ちていたインストラクションも一緒に送りました。

あとは記載したフォームを持参し病院を受診して、結果を待つだけです。

狂犬病抗体検査(FAVN REPORT FORM)の結果がもらえたら、内容に不備がないか、抗体価が0.IU/ml以上となっているかを確認しましょう。

 

日本の空港への事前届出

180日間の待機の手順は特に注意事項ありません。

狂犬病抗体検査の血液採取日から数えて180日間待機が必要です。

次に帰国の予定日が決まったら到着予定の空港に「輸入の届出書」を提出しましょう。

40日前までの提出が必須となります。

この時点では正確な日本到着予定日が決まっていなくても大丈夫です。

私は予定日もまずは大体のものを記載し、また便名も空欄で提出しました。

 

注意点は、到着予定日は基本的に前倒しはできないという点です。

そのため、正確な到着日がまだわからない場合は、なるべく早めの到着日で提出することをお勧めします。

輸出前検査

輸出前検査では、レプトスピラ症にかかっていないことを確認してもらいます。

病院の予約時に日本に帰国する旨を伝え、上記を必ず伝えましょう。

輸出前検査でポイントとなるのは2点です。

USDA認定の獣医である必要がある

基本的にはかかりつけの獣医に受診することになると思いますが、

予約時に必ずUSDA accredite vetがいるかを確認します

かかりつけの動物病院にUSDA accredite vetがいなければ、他の病院に行く必要があります。

 

獣医には日本の検疫所が指定するFORM ACにサインを記載をもらう必要があるのですが、

このFORM ACのサインがUSDA accredite vetのものでないと、次の「輸出国の証明書の取得」で輸出国政府機関から証明書の発行をしてもらえない可能性があります。

当時の私の記憶を頼りに書いていますが、この情報は正しいかわかりません。いずれにしてもUSDA accredite vetに受診するのが無難でしょう。

帰国の10日前であること

もう1つ注意点は、USDA accredite vetに受診への受診は帰国の10日前である必要があることです。

動物検疫所の発行する手順を見ると、輸出前検査は出国直前(搭載前10日以内)と記載があります。

10日前はかなりギリギリです。

さらに私はコロナ禍での帰国だったこともあり、次のステップの輸出国政府機関がオープンしている日数が不安定でした。

そこで、動物検疫所に10日以上まえでもいいかを確認したところ、「なるべく10日以内がいいが、厳しそうならそれ以上でも大丈夫」との回答でした。

 

動物検疫所は上記のように言っていましたが、私は必ず10日以内の受診をお勧めします。

理由はFORM ACの記載内容です。

 

動物検疫所の発行するFORM ACのフォーマットを確認すると、CLINICAL INSPECTION BY VETERINARIANの欄に、下記が書かれているのが分かります。

*Immediately before embarkation ( Inspection within 10 days is acceptable )

Form AC

 

ネットで調べましたが、次のステップの輸出国政府機関のチェックはかなり厳しいようです。

もしのUSDA accredite vetサインが10日以上前のものだった場合、この文言に従いサインをくれない可能性も出てくるかもしれません。

ここに関しても、輸出国政府機関が10日以上のものを受け入れてくれるかどうか正確な情報はわかりません。

ただ、10日はかなり厳しい日程ではありますが、しっかり予定をしっかり立て計画的に行動すれば問題ないはずです。

輸出国の証明書の取得

輸出国の証明書を取得するために、USDA APHISのオフィスにいく必要があります。

私は必要書類を持参しLos Angeles Animal Import Centerへ行きました。

 

コロナ禍でしたがwalk-inで営業していたので直接行きました。

場所によっては、郵送しかやってない場合もありそうなのでチェックが必要です。

 

また、政府機関なので厳密にチェックされているはずです。

私は一発でパスしましたが、書類が受け入れられず1回目は通らなかったというブログも見ましたので、私が各書類でチェックしたことを記載していきます。

狂犬病予防接種証明書(Rabies Certificate)

最低2回分の証明がひつようです。

最初の方にも書きましたが、必ずマイクロチップナンバーの記載があることを確認してください。

USDA APHISのオフィスにEndorsementをもらいに行ったとき、泣きながら電話をしている外国人の方がいて、内容を聞いてみると

マイクロチップナンバーがないのでEndorsementがもらえなかった。連れて帰れない」的なことを言っていました。

マイクロチップナンバーを確認し、記載がなければあらかじめ獣医さんにお願いしておきましょう。

 

また、前にも記載しましたが、獣医の直筆のサインがあるとより良いかもしれません。

私は心配性なので、直筆のサインをもらってから持っていきました。

下記が私の提出したRabies Certificatesです。

1回目と2回目は違う場所で接種をしています。

Rabies certificate1 Rabies certificate

 

狂犬病抗体検査の証明書

カンザス州立大学から送付された狂犬病抗体検査(FAVN REPORT FORM)の原本を必ず持参してください。

原本とは、抗体価のシールが貼ってあるものです。下記のようなものです。

export

また、内容に不備がないか、抗体価が0.IU/ml以上となっているかを必ず確認しましょう。

FORM AC

内容に不備がないか確認しましょう。

特に、USDA accredite vetに記載してもらった内容と、サインがちゃんとあることは必須です。

USDA accredite vetおよびUSDA APHISからサインをもらった最終的なFORM ACは下記のような書類になります。

Form AC

Health examination の結果

10日前にUSDA accredite vetによる健康診断を受けますが、

この時にCertificate of Health Examinationという書類をもらいました。

私はこれも持参しました。

この書類は必須かはわかりません。

下記がもらったCertificate of Health Examinationです。

Certificate of health examination

動物の輸入に関する届け出受理書

各空港に事前申請すると、「動物の輸入に関する届け出受理書」がもらえます。

私は念のためこれも持参しました。

この書類は必須かはわかりません。

動物の輸入に関する届け出受理書

全ての書類を提出しパスすると、USDA APHISのサインが入ったFORM ACがもらえます。

後はこれを到着予定の空港に事前でメール送付しておきましょう。

そうすると帰国時の入国が非常にスムーズです。

日本到着後の輸入検査

事前に申請してあれば、空港の動物検疫所で事前に書類を作成して準備しておいてくれます。

コロナ禍の帰国ということもありましたが、私の場合は順番待ち等もなく、羽田空港の検疫所に行ってから10分もかからずに終了しました。

マイクロチップを読み取り、犬が申請された通りの犬かを確認し、あとは少し健康状態を見るぐらいでした。

とにかく事前準備の書類の確認を忘れずに

今回説明したように、犬を連れて帰るのはたくさんの手続きを踏まないといけません。

日本に犬を連れて帰る際に大事なことは、

余裕をもって早めに準備を開始すること

正確な情報が記載された書類を集めること」です。

 

直前に始めようとするともうすでに手遅れとなってしまいます。

全ての書類を作成するのに時間はかかりますが、早めに始めれば問題なく犬を連れて行くことができます。

大切な家族を連れて帰るためにも、とにかく早めに準備を始めましょう。

 

ABOUT ME
スナフ
4人暮らし(妻・子供・犬)の30代の中堅サラリーマンが、今よりちょっといい暮らしを目指すブログです。 日々の生活で、ちょっとお得なこと、ちょっと役に立つこと、ちょっと良かったこと、なんかをを発信します。 TOEIC900点、海外赴任経験あるので、英語学習なんかも発信します。 【経歴】理系院卒→IT企業勤務→アメリカ(カリフォルニア)駐在エンジニア 【発信】英語・生活お役立ち情報・投資・子育て・犬

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です