【TOEIC初心者】TOEIC600点を目標とすべき理由と勉強法

こんにちは。ひげエンジニアです。
今回はTOEICの勉強を初めたばかりのTOEIC初心者向けに、目指すべき点数と勉強法に関して記事を書きました!
結論から言うと、TOEIC初心者はまずは600点を目指しましょう
TOEIC600点を取ることにはたくさんのメリットがあるんです!
しかしTOEIC600点ってなかなか難しいんですよね。。。
私も学生頃受けた勉強前のTOEICの点数は300点台でした。しかし今回紹介する勉強法で5ヶ月で680点を取得しました!
そして今ではTOEIC900点も超えています。
今回はTOEIC600点を取るために必要な勉強方とコツを紹介いたします!

なぜ600点?TOEIC600点のメリットは?

まずTOEIC600点を目指すべき、と言いましたがなぜ600点なのでしょうか。

理由は2つあります。

1.就職活動、転職活動で履歴書に書くことができる

英語力を示す上でTOEICの点数を書く場合、TOEIC600点を持っているとアピールが可能です。

一般的には履歴書に書けるのは600点からでしょう。500点台でも書けなくはありませんが、正直アピールになるかというと微妙なところです。

なぜかというと、500点は小手先のテクニック等を使えば、運良く取れてしまう点数だからです。

しかし600点を運で取るのはなかなか難しいため、英語を勉強している、と認識を持たれるでしょう。

2.社内での評価、昇進の材料になる

社会人にとって、TOEICは社内でもアピール材料になります。私の会社でも課長になるための条件の1つがTOEIC600点だったりします。

TOEIC600点は就職時だけではなく、社会に出てからも通用する点数と言えるでしょう。

まずは基本的な文法を抑えよう

それでは早速勉強法を紹介いたします。

1.1 TOEIC600獲得のためのおすすめ文法書

TOEIC600点に達していない場合は、文法の理解が不十分である可能性が高いです。

まずは、簡単に中学と高校の文法の復習をした方がいいでしょう。

私が使用した参考書はこれです。


この文法書は基礎の基礎でかなり簡単ですが、ページ数が多くなく要点がまとまっておりおすすめです。

これでなくても構いませんが、おすすめはなるべく薄いものを選んで良いと思います。ポイントはあまり分厚い文法書を選ばないようにしましょう。

なぜかというと、たしかに文法は大切なのですが、TOEICで600点習得のためには、TOEICに特化した文法を学ぶべきであり、分厚い文法書だとTOEIC対策には過剰学習だと思います。(文法の重要性を否定しているわけではありません!実際に私もTOEICから離れているときは文法書を参考に勉強もします)

ただ、文法は問題ないよ!という人や、紹介した文法書を立ち読みしてほとんど理解できる人は、このステップは飛ばしても良いでしょう。

TOEIC形式の文法を学ぼう

基本的な文法ができたら、次はTOEICに特化した文法を学ぶ必要があります。私のおすすめは下記の参考書です。


この本は文法を学べるだけではなく、問題を解く上でのテクニックを学ぶことができます

例えば品詞の問題は本番では数秒で解かなくてはなりません。それらのテクニックが詳しく紹介されています。

本当にオススメです。

これを使えばすぐに50~100点近くは点数アップするはずです。

私はこの文法書を2~3周実施しました。後はテストの2~3日前に、復習で一周やるようにしていました。

初心者はPart7の長文に時間を取られるため、Part5を早く終わらせるためにもこの本でテクニックを学びましょう。

頻出単語を覚えよう

TOEIC600点に達していない人は、まず単語力が低いことが考えられます。
まずは頻出単語を覚えてしまいましょう!

 おすすめ参考書

早速ですがまずは参考書です。私がオススメする参考書はこれです。

この単語帳はTOEICに特化しているので、頻出の重要な単語が載っています。
私も実際にこれを使いTOEICに特化した語彙を増やしていました。

 単語学習の勉強法

まず引用させてもらいますが、これから書く単語の勉強法は、Atsuさんのやり方を参考にさせてもらっています。
ぜひそちらの動画も確認してみてください。
早速やり方を説明します。
まずは、単語帳を1周ざっと1週間ぐらいで見てしまいましょう。もちろん覚えられていなくても大丈夫です。
時間がある程度取れる方は2~3日で見てると思います。ここで必ずやってほしいのが、1週目で知らなかった単語にチェックをすることです。
こうすることで、2週目は自分の理解していない単語だけをやるようにしましょう。
その後も3週目、4週目と繰り返し復習していきます。
私は、以前は単語帳の単語を1つ1つじっくり見て勉強するタイプだったのですが、効率が悪いなーと思っていました。
Atsuさんのこの勉強法は非常に効率よく勉強ができ、定着率もいいので是非実践してみてください。

リスニングを強化しよう

一通り単語を覚えたら、次はリスニングを強化しましょう。
私の考えでは、リスニングの勉強をしていれば600点までは簡単に到達します。
なぜかというと、下記の理由があるからです。
  • リスニングは皆が苦手としているので、点数が上がりやすい
  • リスニングの勉強は文章を読むことにもなるので、リーディングの勉強にもなる

  おすすめ参考書

オススメ参考書は、TOEICの問題に特化したこれがおすすめです。かなり本番に近い問題となっています。

今はpart2も出ているみたいなので、こちらでもいいと思います。

「TOEIC(R)テスト新形式精選模試リスニング2(CD-ROM1枚+MP3音声無料DLつき)」上記は5回分ついているので、全て実施すればかなりのリスニング力がつきます。

 参考書を使った学習方法

上記参考書を使った一番効果的な学習方法は、音読とシャドーイングです。
シャドーイングの方法はこちらの記事も参考にしてみてください。
もちろん初めからシャドーイングができることに越したことはありません。
しかし英語学習初心者には、シャドーイングは難しすぎます。ですので私はまずは音読をお勧めします。
どのように音読すれば良いか、詳しく説明します。下記の4ステップを実施してみてください。
Step1.本文を見ずに通しで聴く
Step2.本文を見ながら聴く
Step3.分からない単語、理解できない文構造を調べる
Step4.本文を音読する
Step1.本文を見ずに通しで聴く
おそらく全く何を言っているのかわからないと思いますが、まずは1~2回程度、通して聴きましょう。
Step2.本文を見ながら聴く
本文を目で追いながら通しで聴いてみましょう。
Step3.分からない単語、理解できない文構造を調べる
音読は完全に理解した文を声に出して読むのが大前提です。
分からない単語があれば意味を調べしっかり理解しましょう。
ここで私のオススメは、分からなかった単語にはマーカーを引くということです。
こうすることで、単語だけを復習したい場合、マーカーした箇所だけをサーッと見直すことができ、短時間で復習が可能です。
また、主語や述語などの文構造がを完全に理解しましょう分からない場合は英語の得意な友達などに聞きましょう。
ただし、分からない部分にあまり固執し過ぎるのもよくありません。
決してオススメはしませんが、私は30分程度調べても分からないものは飛ばしてしまっていました。
後から英語ができるようになってから理解できるようになる場合もあったからです。
Step4.本文を音読する
私の音読は、「発音まで完全に真似る」ことを意識していました。
ですので、1文ずつ区切り音読をしていました。文が長い場合はカンマで区切って音声を停止し音読していました。
音読の回数ですが、私は「何を言っているのか完全に聴こえるようになるまで」を基準とし音読を繰り返していました。
ただここでもあまり固執のし過ぎはよくありません。
もし聴こえるようにならなくても、1文につき15~20回ぐらいまでにした方がいいと思います。どうせ復習しますし最終的に聴こえるようになればいいのです。
また、その日音読を繰り返して聴こえるようになっても、だいたい次の日には聴こえなくなっているものです。
なので私は3日連続しての音読の復習をすることを心がけていました
例えば、初日20回→2日目15回→3日目10回、といった感じです。
その後もキリのいいところまで進んだら、前に戻って復習、音読を繰り返していました。
上記のように音読を実施し、Listeningした時に完璧に音が聞こえるようになったら、シャドーイングも実践してみましょう。
シャドーイングのやり方は下記も参考にしてみてください。

TOEIC公式問題集を使って問題に慣れよう

テスト前になったらTOEICの公式問題集を使って、時間を計りテスト形式で解いてみましょう。

通しで2時間かかりますが、2時間確保が難しければListeningパートとReadingパートを分けて実施しても良いでしょう。
解き終わったらしっかり復習です。
Listeningパートは3章で説明したように、音読とシャドーイングを繰り返して復習をすると良いでしょう。
Readingパートは全ての文章をスラスラ読むことができ、また全ての問題を解けるようにしておきましょう。
ただし、Readingパートの復習で時間がかかってしまう場合は、復習はテスト1回分でもいいかもしれません。
ここまでくれば、既に文法と単語はかなり強化されていますし、Readingに関しても文章の音読とシャドーイングでかなり読解力は上がっています。
Listeningである程度の点数が取れるようになっているので、Readingパートをそれほどガッツリやらなくても600点は到達可能です。

TOEIC600点を獲得し、英語力に自信をつけよう!

最後におさらいです!
  • まずは基本的な文法力を身につける
  • 文法を勉強した後は単語力を一気に上げる
  • TOEIC形式の問題集を音読とシャドーイングすることで、リスニング力を強化する
  • 公式問題集で本番形式に慣れる
上記の方法で勉強を繰り返すことで、TOEIC600点は確実に獲得できます!
それだけでなく、語彙力、リスニング力も飛躍的にアップできます。
みなさんも是非実践してみてください!
そして、600点到達したら、ぜひ900点も目指してみてください。
TOEIC900点の勉強法はこちら。